YOGA LIMBS ヨガリムズ 鹿児島市中山のちいさなヨガスタジオ

鹿児島市中山にあるちいさなヨガスタジオ。LIFEと yogaを、イコールでつなぐ。〝今、ここ〟にいるためのヨガをお伝えしています。ご自分にぴったりのヨガを、見つけにいらしてください。

f:id:yogalimbs:20200929191243j:image

 

昔昔 小さなころ

わたしのうちには「地獄の本」があって、

生きているうちに悪いことをした人は

こんな風に死んでから地獄に行くんだと

亡くなったおばあちゃんに言って聞かされて育ちました。

 

 

 

地獄には鬼がいて

針の山を歩かされたり

沸騰した鍋で茹でられたり

苦しむ人の姿が生々しく描かれた本で、

ちいさなわたしにはちょっとトラウマで。

その人たちは既に死んでいるから

死というかたちで逃げることが出来なくて

永遠にずっと地獄でこの痛みと苦しさを味わうんだよ、

 

 

 

だから生きている間には

いいことをたくさん積み重ねなさい、

神様がみてるから。

絶対にわるさをしたらいけないよ。

 

 

 

多分おばあちゃんはその頃60歳くらいかな、

まだ幼稚園にいかないくらいのわたしに

それはもう何回も。

言って聞かせてくれました。

 

 

 

じゃあ

生きている間の「わるさ」って

一体なんなんでしょう。

 

 

 

人を妬むこと

裏切ること

略奪すること

暴力を振るうこと

いじめをすること

人を殺すこと

 

 

………

 

 

色んなことがあるけれど

いっちばん、やっちゃいけない悪いこと。

その時、

だけでなくて

わたしが子どもからおとなに成長していく過程でも

普段からちょくちょくおばあちゃんが

わたしに教えた

「この世で1番やっちゃいけない悪いこと」

 

 

 

 

 

それが、

 

 

 

 

 

「自分で自分の命を断つこと」

 

 

 

 

 

です。

 

 

 

 

この世で1番悪いことは

他人を殺すことより

自分を殺すこと

産んでくれた親を

自死というかたちで悲しませるようなことを

絶対にしたらいけない。

 

 

 

 

と、わたしのおばあちゃんは真剣に教えてくれました。

 

 

 

 

今 わたしたち一般人には到底手に入れることが出来ない

美しさとか 豊かさを手に入れて

きらきらした世界で活躍して

とてもしあわせそうに見える方たちが

自死を選んでしまうニュースを見て

とても心が痛いです。

 

 

 

辛いこと苦しいことが起こりすぎて

我慢を重ねすぎて麻痺して

もう正常な判断が出来なくて、

でもいつも最高の自分でいないといけなくて

いつもは思いとどまることができていたのに

最後の柵をふとした瞬間に乗り越えてしまう

ほんと事故みたいなもので……

 

 

 

ご家族や親しい人達にも気づきようも止めようもなかった

悲しくてやりきれない出来事だと思うのです。

 

 

 

心の健康って大事です。

完璧でなくても

欠陥があっても

自分のことを大切にして

命はいただいたもので

変え難い尊いもので

いつかは宇宙に還さなければいけないけれど

それまでの間は与えられた生を

しっかり生ききらないといけない。

 

 

 

多分それを分かっていたのに

心が先に死んでしまって

まともに判断出来なくて

この方法が最善で

この方法しかないって

信じてしまうのかな…

 

 

 

でも

わたしはやっぱり思うのです。

自死はこの世で1番やっちゃいけないこと

選んではいけない方法。

 

 

 

「どうかしてるひと」

だけが人を殺す

「どうかしてるひと」

だけが自分を殺す

 

 

 

「わたしたちとちがうひと」たちだけが

そういうことをやってしまう

 

 

 

今はそうではなくて

 

 

身体が病気になってしまうのを避けられないように

コロナとか環境とか性格とかいろんなことが

引き金になって

心の病気も、誰にでも起こりうることなのだと思います

 

 

 

日本では若者の死因のNo.1は

病死でも事故死でもなく

自死です。

そういう国なんです。

今、そういう社会に残念ですがなってしまっているんです。

 

 

 

だから

もっとみんな

自分の心の健康を大切にしよう。

 

 

 

自分の心の中をいつも穏やかにする努力をしよう

毎日毎日身の回りにあるほんのちいさな幸せに目を向けよう。

 

 

 

人からどう見られているとか

どんな自分でいなければならないとか

窮屈な世界に自分を押し込めないで

 

 

 

どんなに責任ある立場で

頼れる人がいなくて

でも人より優れた自分でいないといけなくて

毎日苦しさでいっぱいで

逃げ場がないと感じても

この方法しかないと思えても

死だけは選んではいけないから

そうなる前に心をどうかケアして欲しい

 

 

 

という言葉すらも

心を病むと聞こえなくなるから……

 

 

 

ちいさなちいさな不調にも

ちいさなちいさなひずみにもちゃんと

自分の心と身体の声に耳を傾けよう

 

 

 

消えたくなるほど辛いことがあるかもしれない

色んなことをあきらめてしまう瞬間が

あるかもしれない

でも、わたしのいのちも

あなたのいのちも

何にも変え難いこの世にひとつしかない

とてもとても大事なもの…

 

 

 

自分を大事にしよう

 

 

かならず。

ぜったいに。

 

 

 

そして 隣の人にあなたはわたしにとって

とてもとても大切な人だと口に出して伝えよう

頑張って仕事することより

成功をおさめることより

隣で笑ってくれることがしあわせだと

口に出して伝えよう

 

 

 

いつも!

 

 

 

そんなことを思う

秋の日です

 

 

 

正直、今日、

ストレスを感じる

いや〜な気持ちになることを

知らないうちにされてる自分に

気がつきました

 

 

 

でもヨガしたら

なんでもなかったなって

思えるんです。

 

 

 

ためないためない。

 

 

 

エネルギーを奪う人やモノからは

距離を置きます。

 

 

 

それはもう積極的に。

 

 

 

自分の心をすり減らしてまで

心を殺してまで

一緒に居なければならない人

そこに居なければならない場所

 

 

 

自分らしく居られない場所に

身を置かねばならない理由はありません。

そういう関係に気がついたら

絶っていいじゃないですか。

命じゃなくて

そこを絶とうよ……

 

 

 

YOGAで今に在る時間を増やそう。

わたしにできることはそんなヨガを伝えることと

コツコツ続けることだけだけど。

 

 

 

どうか日本という国が

みんなが生きやすく

辛い想いをしながら頑張らなくてもいい

肩の力を抜いてしあわに歳を重ねられる

そんな国になるように願います。