YOGA LIMBS ヨガリムズ 鹿児島市中山のちいさなヨガスタジオ

鹿児島市中山にあるちいさなヨガスタジオ。LIFEと yogaを、イコールでつなぐ。〝今、ここ〟にいるためのヨガをお伝えしています。ご自分にぴったりのヨガを、見つけにいらしてください。

ヨガを続ける意味を、いつも忘れないで

f:id:yogalimbs:20200202211125j:image

自分にぴったりのヨガ、とは。

自分にぴったりのヨガをする、とは。

そのことについて少し書きたいと思います。

 

 

 

自分にぴったりのヨガとは、

その時間を過ごすことにより

心身がよろこびリラックスして

毎日でもやり続けたいと思えるヨガ。

 

 

ヨガをする意味はひとりひとり異なるでしょうが、

少なくともわたしは、

心を穏やかに保ち、満ち足りた自分で人生を歩んでゆくためにヨガをしています。

そのためには、

マットの上でだけリラックスしたり

ピースフルな自分でいるのではなくて、

マットから降りた時も、

ヨガの呼吸、意識、哲学、気づきがそのままある毎日を過ごすことが大切。

 

 

まさに、
LIFE=YOGA

マットの上と生きることは同じなんです。

 

 

 

完成されたポーズにこだわり

それを目標にしてしまうと、

身体を痛めてしまったり

ポーズ自体が苦痛に感じることもあります。

呼吸ができず苦しくて、

力みをゆるめることが出来ずに疲れてしまう、

痛い。

これではヨガを楽しんでいるとはいえません。

 

 

アーサナは、雑誌のようなパーフェクトな

「美しさ」
よりも、

そこに向かおうとするあゆみ、

プロセスが大事です。

 

 

自分の身体の声を聞きながら

今日はいい感じだね?

今日は少しキツイかな・・・

対話していく。

ただ、

淡々と自分の体に意識を向けていく。

このプロセスでとても大事だと思うのは

型にハマることが正解だと思い込んでしまっているという思い込みに気づくこと。

自分と自分以外を無意識に比較している

その癖を排除していくこと。

あからさまな競争心は誰にでも気づけますが、

もっと小さな小さな背比べ本能にも

気づいていきます。

比較のない世界でヨガの時間を生きます。

そうしながら

少しずつ身体の可能性を育てて、

たくさん心と身体に気づけるようになり、

余計な執着や、緊張を解き続けながらさらに

練習を続けることにより、

いつの間にかポーズは完成してゆくものだと思っています。

 

 

 

わたしの身体はわたし以外の誰のものでも

ありません。

その呼吸も、心地良さも、不快な感じも

痛みも、

身体を味わえるのはこの世にわたし自身しか

いません。

なのに、

多くの方は自分が感じていることに自信が持てません。

練習量が多くてもその質が自分の身体を否定するようなものであれば、

身体も心もよろこびは感じません。

たくさんマットの上に立ち、

呼吸をし、

たくさん感じ、

自分を信頼しながらヨガをしなければ

いつも誰かよがりのヨガになります。

なんどもなんどもマットの上に立ち、

アーサナを経験することで、

「自分のヨガ」をすることが可能になります。

アーサナを経験している自分の内側は、

純粋なよろこびで満たしておいてあげることが大切だなぁといつも思います。

 

 

 

このマットの上でのことは

日常に生きます。

自分の足で自分の人生をあゆむための

ものすごく強い、土台になります。

 

 

 

身体の筋肉、強さ、柔らかさ、

細さも太さもなにもかも、

ひとりひとりが違います。

同じ顔の人がこの世にひとりもいないように、

同じ身体の人もこの世にひとりもいません。

思うようにいかないポーズは

誰にでもあるでしょう。

意識すべきは完成されたポーズではありません。

ポーズをとる時、

もっと足元の、

今の身体を感じてみてください。

その時の呼吸の様子や生じる伸びや痛み・・・。

流れている血やエネルギーや、熱・・・。

そこに苦痛があれば、

探しましょう。

足したり引いたりしながら、

心地よさを感じられるポイントを。

探しても探しても見つからない時なんかは、

ポイっとしちゃっても

わたしはいいと思います。

ヨガを続けていさえすれば、

いずれ、見つかる時がきます。

 

 

ヨガを続ける意味は、

穏やかに、満ち足りた自分で毎日を過ごすため。

ヨガの教えもアーサナの練習も、

こだわりすぎて執着しすぎると

わたしの場合は、自分に自信が持てなくなってしまうこともたくさんです。

できないことも多いし

弱い自分に気づくことも多い。

それでも、

自分の今持っているものに気づいて

感謝できるようになると、

できないこととか、

足りないことで自信を無くして

自分を追い込むのは

とってももったいない。

エネルギーの無駄使いだ、

プラスに変えよう、

もっと自分をあっためてあげよう。

と、またここで気づけるのです。

それもできないアーサナを練習するから。

できないことにも

ありがとう、なんです。

 

 

長くなりました。

みなさんにとって、

ヨガを続ける意味はなんですか?

 

 

毎日でもヨガをやり続けたいと、思えること。

その時間を過ごすと心身が解け、

リラックスでき自分らしくいられること。

 

 

ゆっくりでいいんです。

ヨガを続けることが、「努力」であるうちは

その歩みが止まってしまうこともあるでしょう。

努力がいつの間にか努力でなく

ヨガをすることがあたりまえになったとき。

おそらく生き方そのものが

変わっているとおもう。

 

 

できたらめちゃめちゃ嬉しいし

できなかったら悔しい。

でも

できても素敵だし

できなくても素敵。

それがアーサナの不思議(笑)

 

 

わたしは様々なアーサナ

たくさんみなさんに経験してもらえるべく

自分を磨く。

これに尽きる。

よし。

来週も、満足しながら過ごせるようにヨガをします。

どうぞ、よろしくお願いします。