YOGA LIMBS ヨガリムズ 鹿児島市中山のちいさなヨガスタジオ

鹿児島市中山にあるちいさなヨガスタジオ。LIFEと yogaを、イコールでつなぐ。〝今、ここ〟にいるためのヨガをお伝えしています。ご自分にぴったりのヨガを、見つけにいらしてください。

新年のベジチャレンジのお知らせ

 

 

*こちら定員に達しましたので募集を締め切ります!

みなさんいつも、ポジティブにご参加

ありがとうございます!

 

 

 

忘年会にクリスマス会にお正月!

ご馳走の機会が多く

胃腸が疲れていませんか。

 

 

新年のヨガ的食生活、デトックス
ベジチャレンジのお知らせです!

 

f:id:yogalimbs:20190812094911p:image

 

ちょっと長い記事ですよ(笑)

でも興味のある方は、

一回ここで気合いを入れて

マインドフルにしっかり読んでみてくださいね。

 

 


カラダとココロを、健やかに保つためのヨガ。

ヨガを始めて少しずつ自分と向き合う時間が増え、

いろんなことに気づきはじめたのではないでしょうか。

ヨガをするカラダは、あなたが口に入れたものでできています。
食べ物が変化して〝わたし〟をつくります。
だからココロも、食べたものの影響を、
大きく受けています。

きょうのあなたは、今まで口にしていたものの結果です。

そのカラダでヨガをするのです。
だから、ヨガすることと、食べること、には

切り離せない深い繋がりがあります。
ヨガ的食生活のことを、ほんの少し学んで、
自分の普段の食生活に浸透させてみませんか。

 

 

 


満腹になるまで食べてしまう、
すぐオヤツを買っちゃう(笑) 
そんな自分を見つめ直し
フル回転でオツカレ気味の内臓を浄化し癒しましょう。
内蔵が元気だと内側から健康になります。
いつも何気なくいただくすべての食事。

 


少し立ち止まり、
感謝したり、
カラダの声を聞いたりしながら
必要な食べものを選択していただく。
ヨガや瞑想を深めるためには適度な食事がとても大切。

 

 

“食べすぎる人も、眠り過ぎる人もYogaには相応しくない。
逆に食べなさすぎ、眠らなさすぎではYogaはできない。“

ということばがヨガの聖典にはあるのです。

『自分にとって丁度よく、軽くてとても居心地がいい』ところを探してみましょう。

 

 


1月6日、新年のお祝いムードが落ち着いてきた月曜日から、よりお野菜を中心とした身体に優しい食生活へシフトします!
いっしょに参加してみたい方!ご連絡ください♬

 

 


ヨガには『アヒムサ=暴力をふるわない』という 
教えがあります。
それは地球上のありとあらゆる生き物に対して愛を持つということ。

周りの人はもちろん動物などの生き物、魚、虫、
じぶん自身に対してもそうです。

じぶんのいのちに感謝して、
この世界の生きとし生けるものすべてに感謝する。
このヨガの大切な教えを食生活に浸透させます。

 


生き物に対して→お肉やお魚や卵、それを原料とする食べ物を除いていきます。命あったものを、なるべくいただかないようにします。


自分に対して→食べ過ぎたり飲み過ぎたりすること、欲のまま節度なく食べることは自分への暴力ととらえます。
食事もバランスの取れた、腹八分の状態を保ちます。

 


体のためにはお肉も食べないといけないんでしょ?
食べずにいるなんて大丈夫なの?
はじめのうちは色々抵抗する考えが湧きます
……


しかし私たちはどちらかというと、栄養不足より、食べ過ぎで毒を溜めてしまっています。

 

 


いちど、リセットしましょう。

 

 


太陽から直接エネルギーをもらっている
お野菜や、果物、豆類、種たち。

Yogaにふさわしい食べ物とはすなわち、

大地に実るもの。

それらを中心にたくさんいただいて
そのみずみずしいおいしさを
再確認。
そして〝自分にとってちょうどいい〟のはどこなのか、を、
よくよく感じてみましょう。

ヨガでは命あるものを食すことを
“どんなに気取った言い方をしても、生物の死骸に他ならない肉、魚、卵は避けるように。
それらは体と心を重たくしてしまうし、食べるために殺すことは「パーパ(不徳)」を招いてしまう。また、匂いの強い食べ物、人を酔わせるものは、Yogaに相応しくない食べ物”
としています。

 

 

完全なるヴィーガンは難しいですが

このあたりのことを

意識することは可能です。

 

 


無意識にパクパク口に入れるのではなく
一呼吸。
食事に関する自分自身の欲求や、執着に気づき、手放すことを繰り返していきます。

また無意識の中にどれほどの命があり

どれほどの命に今まで支えられてきたのか。

一つ一つに気づいていきます。

 

 

 

1人ではなくヨガするみんなと一緒にチャレンジするので、
できるかな?(~_~;)と不安があっても
心がぐらつきにくくなり
辛くなりがちなそんな期間を
楽しんで過ごすことができます♬

 

 


ねらいは

 

 


食習慣を見直す。
身体が軽くなる感覚を感じる。
アーサナ+食事により更に、身体の内側を浄化し
ココロとカラダの繋がりを感じる。
ヨガの、食に関する哲学的な考え方に触れる。

 

 


あくまでも、
食生活に意識を向けてより
ヨガを生活へ取り入れることが目的であり、
私からの食事指導ではありません。
栄養学的な観点からの食事指導でもありませんし、
確実にダイエットを成功させたり
確実にベジタリアンになれたり
するものではありません。

 


また、万が一、それにより不快な症状が
現れた時は遠慮なくゆるめてOK。
日本人は昔から島国で魚を食してきた人種、
ヨガ発祥の地インドの人々とはDNAが違います。

 


それに、わたしたちは出家しているわけではありません。
お誕生日や、記念日や、会合などイベントがあるときはそちらを優先でOKです。
おつきあいや、大切な方との大切な時間を過ごすときなどは無理して断つのではなく、
そんな時は大切な方を尊重しましょう。
こうしちゃいけない!
こうするべき、こうあるべき!とがんじからめになるのではなく穏やかに、ゆるやかに。
心地よく。

たとえヴィーガンであることが信念になったとしてもそれを他者におしつけることはできません。アヒムサは自分の発する言葉や態度にも。
無理がないか?
いまの自分は居心地がいいか?
自分とまわりの大切な人たちの居心地はいいか?
体と心とあるべき調和の状態をよく観察すること
を、大切にしていきます♬

 

 

 


アーサナやプラーナーヤーマで体を整えることも
ストイックに鍛えることもとても大切なことですが、
食を整えることは、最も内側を浄化する近道です。

 

 


いつもよりも更にヨガの効果を
感じる21日間にしましょう。

 

 

食べ物をヨガ的に変えていくと

もっと、自分のことを大事にできるようになり

もっと、自分のことを好きになれます。

 

 


ベジチャレンジは年に数回行っています。
みなさんと、この感覚をシェアできればうれしいです。
わたし自身も、この期間は割ときちんと肉魚卵など除きます。それらが含まれる加工品まで気をつけて抜きますが、普段はほどほどにいただいています。でも、昔からするとだいぶその量が減り現在に至ります。
ヨガをはじめる前と今とでは、
食生活がガラリと変わりましたし意識が変わりました。

 

 


意識を変えること♩
考え方が変わること♩
新しい自分に出逢えるいっぽとなります!

 

 


ご参加条件
1月6日の朝食からはじめます
★1月26の夕食で終了です(21日間)
★当スタジオのレッスンを週1〜2回程度のペースでお受けいただいている方
★趣旨をご理解いただける方
★LINEの環境をお持ちの方
★LINEのグループ内で、自分が食べたものを写真でシェアできる方(参加するだけで投稿しない方はご遠慮いただきます)
★その他詳しいルール(ゆるいですが)やヨガの哲学的なおはなしは、グループ内のノートでみんなでシェアします♬
★もちろん無料です♬

 

 


みなさんのモチベーションを最後まで保つために、
身体をクリアにした状態でヨガすると、普段とどう違いがあるのかを感じていただくために、

心にもきちんと意識を向けていただきたいために、

この期間に定期的にレッスンにご参加いただける方、真摯にヨガを続けて心から自分を大切にしたいと願う方に限らせていただきます。

ご了承ください。

 

 


また、原則きちんと投稿していただける方のみにご参加いただきます。
忙しくて投稿が滞るような場合は、申し訳ありませんがご遠慮ください。(退室をお願いする場合もあります)

忙しい方でもマインドフルに食事をし、毎日を丁寧に意識することであり、そんなに難しいことではありません。

 

 


難しく考えすぎないこと、縛られすぎないこと
何より楽しんでチャレンジすること が うまく続けるコツです。
ご希望の方みなさんでのグループですので、
なるべく挫折しないように
この期間は前向きに、ヘルシーに♬目の前にあるお食事に感謝をしながら♬
普段より体の内側にフォーカスしてみましょう。

 

 


定員数に達しましたら締め切ります。ご希望の方はお早めにご連絡ください。

 

 

長ーい記事をここまで読んでいただき

ありがとうございます!

 

 

ピンときた方は是非。
不明な点があればなんでもお気軽にご質問くださいね♬