YOGA LIMBS ヨガリムズ 鹿児島市中山のちいさなヨガスタジオ

鹿児島市中山にあるちいさなヨガスタジオ。LIFEと yogaを、イコールでつなぐ。〝今、ここ〟にいるためのヨガをお伝えしています。ご自分にぴったりのヨガを、見つけにいらしてください。

動けなくなったこと

 

f:id:yogalimbs:20191108092218p:image

 

『動けなくなったこと』が、ありますか。

 

 

 

 

 


どこまで続くかわからない、

『動けない』という
くらいトンネルにいるような日々を、
送ったことがありますか。

 

 

 

 


わたしは過去に一度、

色素性絨結節性滑膜炎という 

関節の病気になったときにはじめて、
この動けなくなるという経験をしました。

 

 

 

原因がよくわからず

めずらしい病気で

最初は怪我だと思っていましたが

病院をまわり

いろいろ検査をしてようやく診断されました。

手術で 病気になった関節包、滑膜を取り除いています。

 

 

ちょうど、病気をしたのが、秋で。

この季節になると思い出します。

6年くらい経過しました。

 

 

 

またこの病気が非常に痛いんです。

患部が腫れて熱を持ち

トイレに行くのも苦痛で、
お手洗いまで這っていく。

立ち上がる、とか、座る、とか、座った状態から横になる、ということが痛くて、
服を脱ぐこと
着替えとか
トイレとか
お風呂とか

動くことが恐怖で、
日常生活のあらゆることに、
めちゃめちゃ時間がかかる。。。。。

 

 

 

生きてるだけで

超痛い。

 

 


仕事はもちろん
キッチンに立つことも、
もちろん小さかった子どもたちを幼稚園に連れていくことさえできず、

やりたくても動けず

術後もリハビリをしていましたが

うまく動くことが出来なくて、
ただただ いつまでこのままなんだろう?

ずっとこのままだったらどうしたらいいんだろう?

いつからなら、マットの上に立てるんだろう。
っていう真っ暗な不安の中にいる日々を
送る経験をしました。

 

 

 

 


思い出すだけでも
あの時の暗ーい気持ちが蘇ります。

 

 

 


そんな経験をしたことで
わたしのヨガへの向き合い方はガラリと変わりました。

 

 


病気や怪我、からだに一切何の痛みも伴わず、
普通に『動く』ということは
もう、それだけで、
ありがたくてしあわせでラッキーなことなんです。

 

 

だってよく考えたら

包丁で指先をちょっと切っちゃうだけでも

痛くてブルーになりますよね。

 

 

 


それまで、そんなことに全く気付かず
身体は動いて当たり前でした。
ヨガができて当たり前でした。

仕事に行けて

子育てできて

運転できて当たり前でした。

若さもあり

人生で‘ できなくなる’という項目が完全に抜け落ちていて

できなくなることは悪でしかありませんでした。

ヨガをしているのに

ヨガが出来なくなる怖さがわたしを支配しました。

今考えたら

せっかくヨガをしていたのに

全然ヨガ的じゃなかったんですね。

 

 


病気を経験してはじめて
健康であることの尊さを、

痛くない、

普通、

なんでもない日常を生きる、

ということは何にも代えがたく

素晴らしいんだということを
文字通り痛いほど痛感しました。

 

 

 

 


だから、
レッスンを通して
健康である身体がどれだけ恵まれているか、

そのことを実感すること、

健康である身体を維持するという努力が

がどれだけ大切であるか、
それを習慣にしていくこと、

 

 

 

それを大事にしたいと思っています。

 

 


わたしもあの動けない暗黒の状況から今のように動くようになれるまで
長くかかりました。

今もまだ、多少の違和感は抱えたままです。

再発の可能性がある病気です。
何でわたしが病気に???
なんで??
なにが原因で???
治るんだろうか、
ずっとこのままなんだろうか???

治ったとしてこの違和感がいつまで続くんだろうか???
というような不安、後悔や自問自答を繰り返していたこともありました。

病気に加え

頭の中も心もネガティブでいっぱいで

今振り返ると

どれだけ エネルギーをダダ漏れさせていたんだろう、と思います。

いまは、

病気をひっくるめてこれがわたしなんだ、と、
時間の経過とともに
受け入れることができ、納得しています。

 

 

 

誰でも病気や怪我をすることがある。

できれば なりたくないけれど、

そうなってしまうことがある。

避けられずそうなってしまったあと、

どんなふうに自分の心身そのものを

整え、つきあっていくか。

 

 

 


ヨガは
当たり前に動く身体を維持するために続けます。

 

 

 


健康な心と身体を維持するために続けます。

 

 

 


痩せるとか

綺麗になれるとかだけではなく、 
心身の健康を維持するためのツール!!

 

 

 

 

コツコツ整え
年を重ねながらそれを維持していく。

 

 

 

 

じぶんをケアする
大切にするということを
ヨガを通してたくさんの方に伝えたいと思っています。

 

 

 


身体だけでなく、
心も。
自問自答、不安、後悔、
じぶんを責める考え方がどれだけ
自分自身のエネルギーを消耗させることなのか。

 

 

 


心や身体を軽くする生き方としてのヨガを
ここで伝えていきたいと思っています。

 

 

 


と、ここまでブログを書くと
ああ、わたしのあのときの病気の経験って
全然マイナスなことじゃなかったんだなぁって思うのです。

 

 

 


そう気づくと、
失敗とか、
できれば経験したくなかった痛み
もう振り返りたくない過去も、

 

 

 


後になってみたら
全然マイナスじゃない
むしろ、人生にプラスの経験になっていることに
気づきます。

 

 

 


こんな考え方も
きっとヨガがなければ
できなかったこと。

 

 

 


さあ、みなさん、
自分の胸に手を当てて、
ゆっくり呼吸してみましょう。

 

 

 


まずは、
他の誰かのためでなく
自分のために、ゆっくり呼吸して、
自分のために時間を使ってみましょう。

 

 

 


時間がないときは、
それだけでいいです♩
時間を見つけたら
ぜひヨガを。
そしてレッスンにもいらしてください♩

 

 

 


自分のためにヨガをする。
不安があったら、
痛みがあったら、
自分でそれを緩めて癒す習慣を身につける。

 

 

 

真摯に‘ ゆるめる’‘ リラックスする’

努力をするのです。

 

 


いま、当たり前に動いている、
この身体を、
痛みも
病気も
不具合もなく、
何十年先までも、
維持していくためのツールとして。

 

 

 


好きなことをするために。
好きな人たちと、
一緒にいるために。
やりたいことを為すために。
夢を叶えるために、
維持するべきなのは
健康です。

 

 

 


やるべきことや忙しさが一日を支配してしまうことも

わたしたちにはとても多いです。

でも、決して多忙に押し流されず一呼吸。
自分のためのやさしいヨガの時間を
ぜひ作っていってくださいね。 
きっと、その習慣が人生の財産になります。